COCOA接触感染アプリがインストールできない時の対処法!iPhone・Androidで必要なOSも調査!

先日、厚生労働省から接触感染アプリ
(COCOA)が導入されました。

今後のコロナ感染予防対策の一つとして
注目されるアプリです。

今回はこのアプリについて
・cocoa(接触感染アプリ)とは?
・cocoaがインストール出来ない時の対処法は?
・アプリに必要なOSは?

とインストールの時につまずいて
困ってしまう点についての対処法
などご紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

COCOA(接触感染アプリ)とは?

6月19日(金)に厚生労働省がリリースを発表したのが

COCOA(接触感染アプリ)  です。

コロナの感染対策の一環として開発された
画期的なアプリの一つになります。

COCOA(接触感染アプリ)とは?
新型コロナウィルス感染症の
陽性者と接触を受けた場合、スマホに通知を受けるシステム

15分間以上、1メートル以内に接触した場合の記録を
相互にデータを記録しあうシステムです。

リリース当日のアプリをインストールした
人数は、iPhoneとAndroidを

1日で約179万人

アプリに対する感心の高さがわかりますね。

システムの初期リリースにおいては
トラブルなどが付きものですが、この
アプリもいろいろトラブルがあったようです。

システムの初期リリースにおいては
何が起こるかわかりませんので
トラブルは付きものですが、徐々に
解消しつつあるようです。

とはいうもの、システムが安定稼働している
状態において、インストールしようと
すると何らかのトラブルや障害があります。

そんな時に、どのような対処をすればいいか
わかる範囲で解説してみようと思います。

iPhoneでアプリがインストール出来ない時の対処法

まずは、iPhoneの場合アプリのダウンロードが
進まない場合、以下の点について確認して
みてください。

1)機能制限の状態を確認する。
iPhoneの動作機能を制限する設定があります。
子供などに貸す場合、悪戯で間違った操作を
しないように制限するものです。

確認方法
・iPhoneの設定 →スクリーンタイムタップ
・コンテンツとプライバシーの制限をタップ
・コンテンツとプライバシーの制限がONになっている
・iTunesおよびApp Storeでの購入 → インストールが許可になっている

ここのインストールが許可になっていれば問題ありません。

2)機内モードのオン/オフを繰り返す
データ通信は、アンテナも3本立っていて問題ない
と表面上は見えても実は回線が詰まっている可能性が
あります。またWi-Fiの調子も悪い場合もあります。

試しにiPhoneの機内モードやWi-Fiのオン/オフを
繰り返したりしてみましょう。

機内モードON/OFFの設定
・iPhoneの設定 → 機内モードをON/OFFする。
・iPhoneの設定 → Wi-FiをON/OFFする。

3)iPhoneの容量不足かどうか確認する。
自分のiPhoneの容量が不足していると
ダウンロードしたくても出来ません。
音楽や動画などをiPhoneにインストール
しすぎて、容量不足になっているのに
気がつかないケースです。

容量不足の確認
・iPhoneの設定 →一般 →iPhoneのストレージ

ダウンロードするソフトの大きさと容量の空きを
チェックしてくださいね。

4)App Storeに正しくログインしているか確認する。
何らかの理由でApp Storeにログイン出来ていない
可能性があるかもしれません。気がつかないうちに
ログアウトしてたりするといった場合ですね。

一旦、ログアウトして再度ログインするといいでしょう。

AppStoreの確認
・iPhoneの設定 →Apple ID → ログアウト

再度ログインする時に、パスワードを忘れてしまった場合は
事前に再取得しておくといいでしょう。

5) iPhoneを再起動してみる。
私もトラブった時にはよくやるんですが
iPhone自体を再起動してみるというのも
一つの手段でもあります。

再起動後、AppStoreに再度ログインして
ダウンロードが始まればOKです。

6)アプリを削除して再インストールする。
ダウンロードの時に、回線か何かの不具合で
端末がフリーズしてしまい、正常にインストール
出来なかった場合です。
一度、削除してから再インストールすると
いいかもしれません。

アプリの削除方法
・アイコン長押し → ”X”をタップし削除
・設定 → 一般 → iPhoneストレージ →対象のアプリをタップし”Appを削除”

6)iOSを最新の状態にする。
アプリによってはOSのバージョンがあわないと
正常に稼働しない場合もあります。
iOSのバージョンは常に最新の状態にして
おくことを心がけておくといいでしょう。

iOSのアップデート方法
設定 →一般 →ソフトウェアアップデート

何をやってもダメな場合は、iPhoneの初期化という
究極の手段がありますが、そうなった時の事前対応と
して、iPhoneのバックアップを取得しておくとよいでしょう

Androidでアプリがインストール出来ない時の対処法

Androidでアプリがインストール出来ない時の
対処法をご紹介してみましょう。

1)Androidの日付・時刻を一度ずらしてみる。
Androidの日付・時刻を一旦違うのに設定し
再度正しい日付・時刻設定をします。

日付・時刻のずらし設定
・Androidの設定 →日付と時刻
・日付と時刻の自動設定とタイムゾーンの自動設定のチェックを外す →間違った時刻設定に変更する
・日付と時刻の自動設定とタイムゾーンの自動設定のチェックを付ける

2)端末を再起動してからアプリをインストールする。
iPhoneと同様に端末を再起動してからアプリをインストールしてみる。

3)アプリをアンインストールしてから再インストールする。
これもiPhoneの時と同じように、アプリのインストールの途中で
不具合があったケースですね。

4)内蔵ストレージ(ROM)の空きを増やす。
内蔵ストレージ(ROM)の空き容量がない場合は
当然のごとく、アプリにインストールが出来ないので
不要なファイルなどは削除しておくのがベストでしょう

内蔵ストレージの空き容量確認
設定 → ストレージまたはストイレージとUSB 

5)回線を切り替える
Wi-Fi経由または、3G/4Gの回線に切り替えてアプリの
インストールを実行する方法です。

いつなんどき回線が不具合になるかわかりませんので
可能性としてあるのであれば、試すのもありかと思います。

6) GooglePlayストアーアップデートをインストールしておく
アップデートを削除して再度インストールしてから
目的のアプリをインストールする方法です。

アプリインストール方法
・「設定」→「アプリ」→「Google Play ストア」の
アップデートを削除→再度アップデート

7)データとキャッシュの消去
ダウンロードがうまく行かない場合、「Playストア」と
「ダウンロードマネージャ」のデータとキャッシュの
消去を行うをダウンロードがうまくいく場合があります。

データとキャッシュの消去方法
・端末の設定 →アプリと通知 →アプリを全て表示
ここから、ダウンロードマネージャーとPlayストアを検索
それぞれのストレージの画面からデータとキャッシュを削除します。

また、ダウンロードマネージャーが有効になっているか?
も確認をするといいでしょう。

アプリを開いた時に、有効になっているか確認をお願いします。
”無効にする”と表示されている場合は、有効な状況です。

iPhone・Androidの必要なOSは?

どのソフトにおいても、どのOSの下で動くか?
ダウンロードできる最低限のOS のバージョンなど
決まっています。

中高年の多くの人は、OSがアップデートされた
としてもバージョンアップしてないとか
面倒くさいとそのままに放置しているケースが
多いです。

COCOA(接触感染アプリ)のOSの最低限の
スペックは以下の通りになりますので
注意が必要です。

iOs: 13.5以上 Android: Ver6以上

アプリをインストールする前に一度確認するといいでしょう!

最後に

今回は、COCOA(接触感染アプリ)のインストール時の
トラブルなど困った時の対処方法など
について紹介してみました。

初期アプリのリリース時には若干のトラブルは
あったものの、落ち着いたようです。

アプリが有効活用され、接触感染を
防げるといいですね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク