加藤浩次の今後の事務所はどうなる?吉本興業退社の可能性はある?

先日の宮迫博之さんと田村亮さんの
記者会見が各方面に波紋を呼んでいますね。

吉本興業社長の岡本氏が記者会見を開き
一応涙を見せて謝罪をしましたが、なんだか
言い訳のように思えてなりません。

そんな中、加藤浩次さんが”スッキリ”の
中で吉本興業退社について言及しました。

・加藤浩次さんは吉本興業を退社するのか?
・退社した場合の今後の事務所はどうなる?

と加藤さんの今後が心配にもなりますが
気になったので書いてみようと思います。

スポンサーリンク

加藤浩次スッキリでの退社発言は?

先日の宮迫博之さんと田村亮さんが闇営業に
ついての謝罪会見を開きました。

詳細は割愛しますが、あの記者会見を見る限り
個人的には彼らは嘘偽りはないと感じました。

また多くの吉本芸人も同様に感じたようです。

そしてそれを見た松本人志さんが吉本興業社長の
岡本氏に直談判をし事の収拾をはかりました。

それより前に、加藤浩次さんが20日深夜の自身の
ラジオ番組で
・会社に腹がたち、信用出来ない
・連隊責任で全員クビってありえない
と発言しました。

そして22日朝の”スッキリ”の番禺内で
今の体制が続くのであれば、僕は吉本興業を辞める!」

と怒りをあらわにしてコメントしました。


(引用元:Twitterより)

自分の所属している事務所をここまで
言うのは、なかなかいないと思います。

少し感情的になっている部分もあるかと
思いますが彼自身は過去の相方の事件から
吉本興業の上層部には批判的なスタンス
だったのではないでしょうか?

ネットでは、加藤浩次さんの発言に
ついては、”勇気がある”と評価が
高かったようです。

吉本興業社長の会見をうけて
加藤浩次さんがどう動くのか?
非常に気になります。

岡本吉本興業社長記者会見の感想

吉本興業社長の岡本氏の記者会見は
異例中の異例でなんと5時間も行われました。

本人自身も質問する側も非常に
疲れたと思います。

私自身は少ししか見ていませんが
岡本氏の記者会見の印象は

”この人、反省しているのかな?”と
思いました。

記者会見の主な点としては
・宮迫博之と田村亮氏への処分撤回
・テープ回すぞなどのパワハラ発言は
 冗談
・謝罪会見をしなかったのは余裕がなかった
・社長、会長は1年間の減俸50%
・岡本社長の発言は歯切れが悪い

といった点です。

いきなり、宮迫さんと田村さんの処分撤回を
するってのは会社の保身か?

一連のパワハラ発言が冗談ってどういう事よ?
芸人だったらわかるかと思ったと発言していましたが
そういう空気でない時に言われてるのだから
その時の人間の真理を考えれば、冗談とは
わかるはずがない。

謝罪会見を開かせなかったのは、会社として
余裕がないとかようわからん言い訳を
しているように思える。

結局、社長・会長は減俸で辞めないのか・・・

と個人的意見ですが、保身に走ったように
思えてなりません。

結局のところ、岡本氏は社長という
トップの器ではなかったのではないかと
思います。

記者会見の内容では、現体制維持ですから
加藤浩次さんは、事務所を退社するのか?

23日のスッキリではどのようなコメントを
言及するのか?注目です。

7月23日追記
加藤浩次さんが吉本興業会長大崎氏と
約3時間ほど、会談しました。
ニュースを見た限り何らかの結論が出たのでは?
腹をくくったのではないか?という印象でした。
果たして、加藤さんは何を語るのか?
24日のスッキリも注目です。

加藤浩次さんの今後の事務所は?

男気のある加藤さんですから」一度発言したものは
そう簡単には引っ込めるとは思えません。

となるとやはり吉本興業を退社していくのか?
スッキリでの発言が気になるところではあります。

・仮に退社を決意したとしたら、すぐ退社になるのか?
・現在の番組の契約状況などを鑑みて時期を決める

といろいろ検討されると思います。

もし事務所を退社した場合、どこかの事務所に
所属するのか?個人事務所を立ち上げるのか?

などいろいろなマネージメントがありそうです。

加藤浩次さんの今後の事務所ケース
・大手事務所に契約などを結びタレント活動を続ける
・さんまさんなどの事務所で契約をし活動を続ける
・個人事務所を立ち上げ、自分自身でマネージメントを行う

といった事が考えられます。

また、吉本興業などの大手事務所からの
独立の場合”番組を干される”ケースも
考えられます。

加藤さんは奥様もお子さんも
いらっしゃいますし、あまり無茶な
行動はしないのでは?と思います。

最後に

今回は、宮迫さんの謝罪会見から

各方面に波紋を呼んでいますが

その中でも加藤浩次さんの”事務所退社”
問題をピックアップしました。

果たして加藤さんはどのような
決断を下すのか?

発言内容は?と注目していきたいと
思います。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク