マイナポイントの予約はいつまで?お得な決済方法はどこか比較まとめ!

2020年6月でキャシュレス決済の還元サービスが
終了しました。

そしてそれに変わるサービスとして
マイナポイントサービス事業”が始まります。

2020年9月から開始される事業ですが、それに
先立って20207月からサービス事業ができるように
決済事業者などの登録が始まりました。

多くの決済方法があるのですが、各事業者に
よって登録者にお得な還元サービスが付与されます。

そこで、どこの決済事業者がお得なのか?
マイナポイントの予約はいつまでなのか?

日常でよく使われるキャッシュレス決済事業者
をいろいろ比較してみました。

スポンサーリンク

マイナポイントサービス事業について

”マイナポイントサービス事業”は、総務省がマイナンバーカードと
キャッシュレス決済を紐づけてポイントを付与するという
ポイント制度です。

マイナンバーカードの普及があまりにも進まない為
苦肉の策として、5000ポイント還元するから
マイナンバーカードを作って、マイナポイントに
参加するとお得だよ って思ってしまいます。

マイナポイントサービス事業
マイナンバーカードの発行後
チャージや支払いを行う事で、自分が紐づけた決済サービスに最大25%(5000円相当)
付与するサービス

仮に、決済事業者をauペイにした場合、1度に20000円チャージしたら
翌月末に5000円分のポイントがついて終了って事になります。

チャージを一度にするか何回に分けてするかは個人の
自由になりますが、合計で5000円分付与されたら
終了になります。

マイナポイントの付与期間
・申込期間:2020年7月1日(水)〜2021年3月1日(水)
・付与期間:2020年9月1日(火)〜2021年3月1日(水)

総務省から還元されるのは、最大5000円分ですが
事業者によっては、+αのポイント還元がありますので
事前に決済事業者はよく選別しておくのがよいでしょう

キャッシュレス決済事業者(QRコード)一覧

コロナウィルスの影響もあって、電子マネーを
利用している人も増加傾向にあります。

今回のマイナポイント制度でも電子マネーや
カードなど選択できる決済方法は多く
ありますが、電子マネーを選択する人が
多いのではないかと思います。

そこで主な電子マネーのマイナポイント制度の
還元などについて一覧にしてみました。

決済事業者 キャンペーン還元額・付与内容 キャンペーン期間 キャンペーン還元付与時期
WAON チャージした金額の10%(最大2000円) 2020年9月1日〜2021年3月31日迄 2020年10月頃
ゆうちょPay チャージを実行すると2000ポイント付与 2020年7月1日〜2020年8月31日迄
2020年7月1日〜2021年3月31日迄
キャッシュレス決済を登録した翌日
au Pay チャージ金額の20%(最大1000円) 2020年9月1日〜2021年3月31日迄 チャージした翌々月末または翌月末上旬
LINE Pay マイランクに応じて特典クーポン(1500円) 2020年7月1日〜2020年8月25日迄
メルペイ メルカリ内でのお買い物に対して5%(1000円) 2020年7月1日〜2021年3月31日迄 2020年9月1日〜2021年3月1日迄
最大1000万円 総額1億円キャンペーン 2020年7月1日〜2020年8月31日迄 抽選方式で当選者には、2020/9/10 頃予定
Suica JREポイント(1000円分) 2020年9月1日〜2021年3月31日迄
dカード dポイント(500円分) 2020年7月1日〜2020年9月30日迄 申込月の翌々月上旬頃
FamiPay 先着10万名に対して500円相当ポイント 2020年7月1日〜2020年9月30日迄 翌月中旬頃(翌月15日頃)
PayPay 抽選で100万円 5万円など 2020年7月1日〜2020年9月30日迄 抽選によって当選者確定
楽天Pay 特になし(カードチャージの時、0.5%付与)

各種QRコード決済の事業者を一覧にしてみました。

キャンペーンや付与内容については各事業者
違いますので、簡単に要点をピックアップして
みたいと思います。

決済事業者のマイナポイント制度比較について

総務省からのマイナポイントの付与については
各事業者ごと25%最大5000円の付与は共通
なのですが、キャンペーンなどについては
差異があり、お得感が若干異なります。

個人的にお得かなと思っている順に
注意点など比較してみました。

WAON(ワオン)

他の事業者と比較して魅力的なのがキャンペーン還元額が
2000円という点です。

マイナポイント申込時の5000円と合わせますと
最大7000円になりますのでお得感を感じます。

この2000円が付与される仕組みについてですが
1回のチャージ金額に対して上乗せされます。

付与の例をあげてみますと、

1)一度で20000円チャージした場合

5000円+20000円X0.1=7000円付与

2)10000円ずつ二度チャージした場合
・10000円X0.25+10000円X0.1=3500円
・10000円X0.25+10000円X0.1=3500円 合計7000円
というようにチャージ単位で付与されます。

また、チャージ出来るのは、お財布携帯かWAONカードに
なり、iPhoneは対応していません
お財布携帯が対応しているのは、Android5.5以上になります。

WAONカードはミニストップやイオンで300円で
購入する必要があります。

また、キャンペーンの付与額については
2020年10月以降、WAON銀行などに行って
受け取るオペレーションが必要なのでちょっと
面倒かもしれません。
(自動付与ではありません)

ゆうちょPay

ゆうちょPayは、2020年9月以降にアプリ内で
利用する事は可能になります。

キャンペーンの付与には期間が設定されているので
注意が必要になります。

・ちゅうちょPayを新規登録し口座登録をした人
キャンペーン期間内(2020年7月1日〜2020年8月31日)に
新規登録して口座登録まで完了した人には、500ポイント
マイナポイントの紐づけをした場合は、1500ポイント
合わせて2000ポイント付与され最大7000ポイントに
なり1ポイント=1円で利用が可能になります。

・ゆうちょPayを既に利用している人
既にアプリを利用している人でマイナポイントを
紐づけた人は、1500ポイント付与されます。
キャンペーン期間は2020年7月1日〜2021年3月31日

最大、6500ポイント付与されることになります。

auPay

auPayは、ローソンのポンタカードとも
連携していて、ローソンを利用する人には
とても便利だと思います。

今回のマイナポイント制度でも1000分付与
されますから、若干お得かな?と思います。

こちらもWAON同様にチャージのタイミング
によって付与される金額が異なりますので
ご注意を!

1)一度で20000円チャージした場合

5000円+5000円X0.2=6000円付与

2)10000円ずつ二度チャージした場合
・10000円X0.25+2500円X0.2=3000円
・10000円X0.25+2500円X0.2=3000円 合計6000円
というようにチャージ単位で付与されます。

WAONと違うのは、マイナポイントの還元額の
20%である点です。

auPay,auPayカードによって還元のタイミングも
異なります。

auPay還元タイミング
・auPayカード
前月16日〜当月15日迄のカード利用額で計算したマイナポイント
還元額に対して翌月下旬に還元
・auPay
月間のマイナポイント還元額に対して翌月下旬に還元

支払いの機能が多いとちょっと複雑になって
混乱しそうですね。
一気に還元額をもらったほうがわかりやすいかも
しれませんね。

Suicaカード

こちらのカードについては、WAONなどと
同様に対象期間内で1ヶ月分のチャージ
金額にポイントが付与されます。

と同時に1000ポイント付与されます

マイナポイントの登録を行ったら
JRE POINTに登録する必要が
あります。

今、電車に乗っただけでもポイントが
たまりますがそれと同様ですね。

JREポイントに登録した後、付与された
タイミングで受け取るオペレーションを
しないといけないようです。

ポイントの付与から受け取りまでが
わかりずらいかもしれないですね。

メルペイ

メルペイの本人確認が完了すると、メルカリで
買い物をした時に支払い金額の5%が付与されます。
上限は1000ポイントとなり、合計6000ポイントを
獲得する事が出来ます。

付与のタイミングは、取引完了後翌日になり
有効期限は取得後120日になります。

有効期限が失効しないように気をつけないと
いけませんね。

また、7・8月は特別キャンペーンが先日
発表され、最大7000ポイント付与されます。

また、メルペイを選択した申込者から抽選で
最大1000万円相当のポイントが付与されます。

最低でも500円相当のポイントが付与も
されますので、ゲーム感覚で楽しめそうですね。

LINE Pay

LINE Pay加盟店で利用出来る”特典クーポン”
自分のマイランクによって月々5枚 3ヶ月間
計15枚
もらえます。

この特典クーポンは、加盟店の店舗でしか
使えないので、近所にそのお店がなかったら
無駄になってしまいそうですね。

またもらえるクーポン券は1店舗1回しか
使用出来ないので、使い切れるか微妙な
感じですね。

dカード

マイナポイントでdカード払いを選択した場合、
500円分のポイントプレゼントがあります。

対象者は2020年7月1日〜2020年9月30日ですので
dカード払いを選択するのであれば、早めの申請が
必要になってきますね

Fami Pay

マイナポイントの決済をFami Payに選択した場合
500円分のポイントが付与されます。

”マイナポイント登録者先着10万人”

で終了になります。

登録が出来ましたら付与のタイミングは
翌月中頃(15日頃)になります。

Pay Pay

マイナポイントの付与タイミングが即反映
されるので一番早いのではないでしょうか?

残高にチャージした金額に対して25%の
マイナポイントが付与されます。

ポイントがすぐ欲しいという人には
もってこいの決済方法だと思います。

マイナポイントの上乗せについては
抽選によって、500円〜100万円
当選します。

メルカリと同様ゲーム感覚で
楽しむのもいいかもしれません

くじ運がいいとひょっとしたら・・

大当たり!

するかもしれないですね

楽天ペイ

こちらは、キャンペーンの上乗せはありません。

お得かな?と思うのは楽天カードを常に
使用している人ではないでしょうか?

楽天を見ますと2020年9月1日から
26.5%の還元率と出ています。

この数字の仕組みですが

25%・・・マイナポイントの還元率
0.5%・・楽天カードでのチャージポイント
1%・・・楽天ペイを使用した場合のポイント還元

という仕組みになっています。

マイナポイント以外の1.5%の還元については
現在も付与されていますので、楽天カードを
持っていて楽天ペイを使用している人に
とってはマイナポイントの決済口座に
してはいいのではないでしょうか?

キャッシュレス口座選定ポイントについて

普段よく使う電子キャッシュレス事業者
のマイナポイント制度の取り組みについて
比較してみました。

多くの事業者があり上乗せ還元している
事業者があったりなかったりで悩みところ
ではあるかと思います。

事業者を選定するポイントとして
いくつかあげてみますと

・普段よく使用しているキャッシュレス決済である事
・1、2ヶ月で20000円のキャッシュレス決済をしている
・上乗せ還元率が高い事業者を選択する
・選択したキャッシュレス決済が使える店舗が多い

と個人的には選定基準を設定してみようかと
思います。

せっかく付与される5000ポイントですから
使い勝手のいいのを選択するのが一番ですね。

まとめ

今回は、マイナポイント事業について
電子キャッシュレス決済の比較検討を
行いました。

個人的には、WAONが一番付与還元が
確実なのでWAONにしようかと思って
います。

その前に、マイナンバーカードを
作らないといけないのですけどね。

スマホで申請すれば約1ヶ月程度で
受け取りまで出来るようです。

郵便で申請するより早いみたいですね。

せっかく5000ポイントもらえるのですから
予算のあるうちに申請してみちゃいましょう

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク