ペイペイで公共料金の支払い方法と感想!メリットデメリット解説!

数多くの電子決済サービスが広がっています。
非常に便利なので、ペイペイを利用しているのですが
最近、公共料金の支払いも出来るようになりました。

・ペイペイで公共料金を支払った感想とやり方は?
・ペイペイで支払う場合のメリットデメリットは?

と感想を含めて解説してみようと思います。

スポンサーリンク

ペイペイで支払い出来る公共料金について

先日、ヤフーニュースを見ていると
ペイペイで公共料金が支払い出来る
ニュースが紹介されていました。

セブンイレブンでもペイペイが利用出来る
ようになって、サービスやキャンペーンなど
含めて他の電子決済より頭一つ出ているのかな?
と思っています。

そして、公共料金がペイペイでも支払えるように
なって非常に便利になったかと思います。

今回、支払いの出来る公共料金は以下になります。

支払いの出来る公共料金
・東京ガス
・東京電力
・東京都水道局
・広島ガス
・中国電力
・九州電力
・北海道ガス(10月1日から)

9月30日からは、”ヤフーマネー”で約300の地方公共団体が
対応するようになり、税金なども税金などもペイペイで
支払いが出来るようになるかもしれません。

コンビニに行くと、たまに公共料金の納付書を数枚
抱えて支払いをしている人を見かけます。

クレジットでの自動振替を行っている人も多いですが
まだまだ払込票で支払っている人も多いので支払い方法の
選択肢が増えてのは喜ばしい事と思います。

ペイペイでの支払い方法は?

ペイペイで支払いをするやり方は
非常に簡単でワン・ツー・スリーと
店舗よく支払いができちゃいます。

また24時間どこでも支払い可能なので
支払い期限を気にする事ないので安心です。

1)事前準備
・ペイペイアプリをスマホにインストール
・ペイペイアプリに決済金額を入金する。
2)支払い方法
・アプリを立ち上げてホームボタンのスキャンをタップする
・支払いを行う請求書のバーコードを読み取る
・”ペイペイ”で完了

とあっという間に支払う事ができてしまいます。

また、アプリの請求書払いをタップすると
支払い履歴の照会出来ますし、支払い済みの
バーコードを再度読み込むとエラーになり
二重支払いの防止もされます。

初めての人でも非常に簡単で便利です。

(IOS用)


(Android用)

メリット、デメリットと感想

今回、公共料金をペイペイで支払いを
行ってみたのですが、メリット・デメリットや
感想を述べてみようと思います。

メリット
・24時間支払いが可能である。
・外出せずに自宅などどこでも支払いが可能
・支払いを忘れていたり口座振替出来なかった時に後で支払いが可能
・支払額0.5%の還元がある(ex:100000円→50円)
デメリット
・ペイペイアプリに入金が必要
・払込票にある現金が必要
・ペイペイ口座へのチャージが1000円単位である。
・払込票に領収印が押されないので支払い管理が必要

と個人的にメリットデメリットをあげてみました。

ペイペイを利用した感想

公共料金の支払い可能と機能が
追加されたので利用してみました。

個人的な感想ですが、非常に便利で
あり、少ないとはいえ還元もあるので
お得かな?と思います。

今回は電気料金を支払い忘れたのと
コンビニにも行かず支払い出来たので
非常に助かりました。

利用する機会があったら、一度試しに
利用してみるのもいいかな?と思います。

最後に

今回は、ペイペイで公共料金を支払う
方法や感想を紹介してみました。

個人的な感想ですが、参考になるか
わかりませんが、機会があったら
使ってみるものいいかなと思います。

今後、支払い出来る場所も拡大
していくと思うので楽しみでも
あります。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク