塩沢稀夕の読み方と身長や体重は?出身中学や高校はどこ?2020年の実績も気になる!

2020年11月1日に、全日本大学駅伝が
開催されます。

毎年楽しみしている大会の一つであります。

今回は大会に出場する東海大学の
塩沢選手をピックアップしてみました。

・塩沢選手の名前の読み方は?
・出身高校はどこ?
・身長や体重は?

と気になる点をまとめてみました。

スポンサーリンク

塩沢稀夕(東海大学)の読み方とプロフィール


(引用元:Twitterより)

塩沢稀夕選手は、現在東海大学陸上部の
主将を務めています。

まずは彼のプロフィールを簡単に紹介
しましょう。

名前 塩沢稀夕
生年月日 1998年12月17日 22歳
出身地 三重県
所属 東海大学体育学部競技スポーツ科4年
好きな食べ物 タピオカ

塩沢選手の名前が何と読むのか気になりますよね。

調べてみますと、”きせき”と読むそうです。

一つ一つの文字を調べてみますと、

稀・・キ(音読み)
夕・・セキ(音読み)

と、音読みすれば素直に読めるんですね。
女の子につける場合は、”きゆ”と読ませるみたいです。

塩沢稀夕の身長・体重について

箱根駅伝での彼の走りをテレビで見た
印象としては、細身で高身長っぽい
でした。

実際に、どれくらいなんだろうと
調べてみました。

身長:179㎝ 体重:58㎏

陸上選手にしては、高身長では
ないでしょうか?

出身中学と高校について

塩沢選手は、三重県出身であり
中学は桑名市立成徳中学校を卒業しています。

高校は、三重県立伊賀白鳳高等学校

伊賀白鳳高等学校は、三重県伊賀地区の
・上野工業高等学校
・上野商業高等学校
・上野農業高等学校

の3校が合併して出来た学校です。

卒業生に、中村匠吾選手 西山雄介選手がいます。

2020年の陸上実績について

2020年は、コロナ一色になってしまい
全てのスポーツにおいて思うように試合が
出来なかったですね。

塩沢選手は、箱根駅伝終了後に渡米し
約1ヶ月間アメリカでトレーニングを
積んでいました。

練習の結果、ボストン屋内大会で5000m
13分33秒44をマークします。
この時の記録は、日本歴代4位だったそうです
(素晴らしい記録ですね)

その後3月に帰国した後にアキレス腱を
痛めて思うように練習が出来なくなった
そうです。

その時は、丁度コロナ禍の中であった
為に、自粛し治療に専念出来たとの事。

自粛したおかげでしっかりと治療出来た
のは、プラスに考えていいのではないでしょうか?

そして、2020年の初めのレースとなったのは

ホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会

その大会で、5000m13分49秒56
記録を出しました。

その後の日本インカレで、5000m
13分48秒59で7位入賞しました。


(引用元:Twitterより)

2020年は、コロナの影響もあって例年のように
決まった大会も行われず、試合に向けて調整
するのに練習も大変だったのではないでしょうか?

出雲駅伝が中止になってしまいましたが、
全日本駅伝・箱根駅伝と2冠目指して
活躍を期待したいものです。

最後に

今回は、東海大学の塩沢稀夕選手について
ピックアップしてみました。

2020年の全日本駅伝大会は、東海・青山・駒沢の
3校が優勝候補と言われています。

絶対的な王者がいないだけに、どの大学でも
優勝が狙えるのではないかと思います。

塩沢選手もエントリーされていますし
優勝に向けての活躍が期待されています。

彼の走りに期待したいものですね。
最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク