台風10号2019の3連休交通機関の影響や運休遅延時の払い戻し方法まとめ!

台風8号が九州方面を通過中に台風10号が
発生しました。

ヤフーニュースなどによるとお盆・8月の
3連休に直撃するかもしれない台風10号の
たまごが発生したようです。

台風が接近すると気になるのが交通機関への
影響ですね。

・台風10号の進路予想
・台風上陸の場合の交通機関の影響
・交通機関が運休遅延など発生した時の払い戻し方法は?

と気になる点とまとめてみました。

スポンサーリンク

台風10号(クローサー)の進路予想

現在、日本列島海域には台風8・9・10号と
3つ存在しています。

そのうちの台風10号は3連休・お盆にかけて
関東へ接近する見込みのようです。

→台風10号の進路予想はこちら

(引用:米軍(アメリカ海軍)台風情報より)

せっかくの3連休でお盆でもあり家族旅行や
田舎への帰省など楽しみにしているお子さんなど
多いかと思います。

日本列島に台風が接近するとなると気になるのが
飛行機や新幹線などの運行状況ではないでしょうか

飛行機やJRなどの交通機関の運行状況

台風10号は、2019年8月6日現在
マリアナ諸島をゆっくりと北上して
いるようです。

中心気圧 996hPa
中心付近の最大風速20m/s
最大瞬間風速 30m/s

との事ですが、今後日本列島に上陸するかは
まだ判っていません。
しかしながら今後勢力を強めて北上していく
可能性があるかもしれません。

その時に気になるのが災害と交通機関への
影響ではないでしょうか

飛行機やJRなどの交通機関の運行状況
についてはこちらを参考にしてください。

→各種飛行機会社とJRの運行状況について

飛行機の欠航基準について

飛行機は、風に弱い乗り物です。
一度、離陸してしまえば上空においては
台風などの風は関係ありません。

しかしながら、離発着において強い風が
吹いている場合
は安全に運航する事は
できません。
特に離発着の時に横風にあおられると
翼が地面に付着して大事故になる可能性
があります。

それ故、強い横風が吹いた場合は欠航に
なる可能性があります。

飛行機が欠航した時の払い戻し方法

飛行機が欠航するには、以下の2つの
理由によるものです。

・会社都合による欠航
・不可抗力による欠航

台風や大雪などによる欠航の場合は
”不可抗力による欠航”になります。

この不可抗力の場合の航空会社の
対応方法です。

返金 お金を返す事 (目的地には飛べない)
振替 自社または他社の航空便に乗せかえる事

その時の状況によって各社対応が異なります
から自分が乗る航空会社のHPなどで確認
しましょう。

また振替の場合は、手数料かかりませんので
安心してください。

返金の場合はどうすればいい?

返金の場合は、当日に空港カウンターに
ならぶ必要はありません。
後日、落ち着いてから航空会社の電話予約
センターに連絡するとよいでしょう。

クレジットカードで支払いをした時には
返金の時にそのカードが必要になります。

新幹線の運休基準について

新幹線に限らずJRで運行されている列車には
運休になる基準があります。

その条件は、風速30メートル以上を計測した時

風速20メートルを計測した時には、徐行運転を
行うようになります。

また大雨によって運休する場合もあります。

その基準は、1時間あたり50㎜以上

とはいえ、大雨の時はJR管内において
おのおの基準値が異なっています。

大雨時の新幹線運行基準
・東北、上越、長野新幹線
→1時間あたり50㎜の雨で時速70㎞に速度制限
運休は想定外
・東海道新幹線
→1時間あたり50㎜の雨で時速70㎞に速度制限
1時間あたり60㎜以上の雨で運転中止
・山陽新幹線
→1時間あたり55㎜以上の雨で運転中止
・九州新幹線
→1時間あたり100㎜以上の雨で運転中止

もしそのような時は、各社HPを確認して
みるのがいいかと思います。

切符の取り扱いについて

悪天候によって、遅延や運休が発生した時の
切符の取り扱いはJR各社のHPに以下のように
記載されています。

切符の取り扱いについて
・指定された電車が運休になった場合は、全額’(特急券)+乗車券の
払い戻しが可能。
・特急券が必要な電車が到着予定時刻より2時間以上遅延した場合は
特急券の払い戻しが可能。

運休の場合は、後続の電車にそのまま使用が可能となりますが
指定席券は無効になります。

新幹線が大幅に遅れた場合は、切符の変更が可能になります。
変更しようとした列車に指定席の空きがあれば、その座席を
確保する事は可能です。

また、他に以下のケースが考えられます。
・新幹線が途中で運転中止になってしまった場合
・諦めて出発地に帰る場合
・その駅で移動を諦める場合
・その日の新幹線がすでにない場合
・新幹線の都合によって後続の乗り換えに間に合わない場合

と様々な条件が想定されるかと思います。
その場の時は、頭がパニックってしまい
誤った判断をする可能性もあるかと思います。

慌てずに落ち着いて次の行動を考えるようにしましょう。

最後に

今回は、台風10号など悪天候での
飛行機や新幹線が運休した時に
払い戻しなどについてピックアップしました。

運休になった時は、みなさん殺気立って
いますから、まずは冷静になって落ち着いて
行動してみましょう。

誤った判断をしてしまって、無駄な浪費を
してしまうのはもったいないですしね。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク