台風14号(2020)米軍の進路と日本への影響が気になる!接近の時期など予想まとめ!

2020年10月5日に日本の南の海上で台風14号(チャンホン)が
発生しました。停滞しながらゆっくりと日本に接近
しつつある状況です。

天気予報を見ていますと、今後の進路によっては
日本に上陸する可能性もあるらしいとの事。

今後の台風情報には細心の注意が必要です。

というわけで、
・今後の台風の進路状況は?
・日本への影響と接近時期は?

と気になった点をまとめてみました。

台風14号(チャンホン)2020の情報

ウェザーニュースによる台風14号の進路予想になります。


(引用元:Twitterより)

台風の進路予想を見ていつも思うのですが、
なぜこんなところで急カーブを描くのかな?と
思います。

今回は、台風の進路の上下に太平洋高気圧があって
このような進路になっているそうです。
おまけに、今後の太平洋高気圧の影響によって
台風がどうなるか?と予想も難しいそうです。

今回の台風の特徴的な点は
・大きな予報円である
・日本付近で動きが遅い可能性があり影響が長引く

といった点です。

今年は九州地方を豪雨が襲った事もありますので
出来れば影響なく終わって欲しいものです。

米軍の台風進路予想について

米軍の台風14号(チャンホン)2020の進路予想は、下記の
URLから照会する事ができます。

→米軍の台風14号の進路予想図

この進路予想図は、米軍合同台風警戒センター
(JTWC)が発表しています。

一般の人でもみる事が可能であります。

クリックすると赤い矢印が表示されるかと
思いますが、今の台風の位置を示しています。

また、右側にある

をクリックしますと最新の進路予想図が表示されます。
(引用元:JOINT TYPHOON WARNING CENTERより)

台風14号の日本への影響は?

2020年10月6日時点の予想によりますと

中心気圧992hPa 最大風速は、23m/sと発表されました。
まだ日本の南にある状況ですが、今後の進路予想によると
・9日9時に九州の南に達する
・11日9時に紀伊半島に達する

と言われています。

現在の段階では、予想を詳細まで絞り込むのは難しい
そうですが、今の予想進路図を進んでいくのでは?と
思っていてもいいのではないでしょうか?

九州・四国・東海地方は大雨の予想が出ていますので
今から避難場所や避難道具など準備をしておいた方が
よさそうですね。

日本への接近時期など予想まとめ

2020年10月6日時点の日本への接近時期の
予想についてまとめて見ました。

接近時期  接近場所
2020年10月8日(木)  沖縄、大東島付近
2020年10月9日(金)  奄美、九州付近(鹿児島、宮崎付近)
2020年10月10日(土)  高知県、徳島県、和歌山県付近

となっています。
どの時点で温帯低気圧に変わるかわかりませんが、そのままの
勢力を維持しながら進むとしたら、関東付近に接近する可能性も
ありますね。

常に最新の台風情報を注意しておく必要がありますね。

また最新の情報なと入手しましたら、常に
更新していきたいと思います。

最後に

今回は、台風14号について進路予想図や
影響などについてまとめてみました。

ひと昔前では台風の上陸や大雨など気にも
しなかったのですが、最近は海面温度の
上昇などいろいろな気候の変化によって
大雨の傾向になってきているようです。

常に最新の情報を入手して避難など
状況判断を早めにする事をおすすめします。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。

スポンサーリンク