Win Win Wiiinオープニングの曲名と女性が気になる!視聴した感想と評価まとめ!

宮迫博之さんと中田敦彦さんが、YouTubeに

新たに番組を立ち上げた事が話題になっています。

その名も”win win wiiin”

初回が手越祐也の豪華ゲストでした。

気になったので早速その番組を視聴したので

感想や評価などまとめてみました。

スポンサーリンク

win win wiiinのYouTube番組とは?


(引用元:YouTube公式チャネルより)

今やすっかり活動拠点をYouTubeにうつした中田敦彦さんと闇営業問題で

吉本から契約解除された宮迫博之さんが一緒にトーク番組をYouTubeで

配信されました。

初回ゲストはなんと手越祐也さんでした。

番組配信初回とあって、豪華ゲストでびっくりしました。

オープニング曲名と踊る女性は誰?

番組はオープニングは軽快な音楽が流れて、宮迫さんと

中田さんのシーンで始まります。

リズミカルなのりの音楽だったのですが、曲名や歌手名

などが気になったので調べてみました。

オープニング曲

・Let me tell you now
・Zinee(歌手名)

歌手名を調べてみますと、Zineeという方らしいのですが

詳細なプロフィールなどは検索出来ませんでした。

判明などしましたら追記していきたいと思います。

オープニングには、宮迫さんや中田さん以外に数名の人が

登場するのですが、ダンスを踊る女性が誰なのか?

気になったので調べてみましたが、こちらも検索出来ませんでした。

加藤紗里っぽいかな?と思ってもみたのですが、検討違いみたいでした。

こちらも判明しましたら追記していこうと思います。

番組を視聴した感想

話題になっている番組であったので気になったので

視聴してみました。

感想としては、”面白い!” の一言です。

オープニングからしてお金かけて作成していそうという

感じでしたが、実際自腹?でお金をかけているようです。

番組セットを見てもテレビのトーク番組に劣らない

セットであり、YouTubeに新たな番組がアップされ

二人の新たな挑戦と思えるように思えました。

MCが宮迫博之さんと中田敦彦さんで、初回ゲストが

手越祐也さんで、とてつもない番組であると思いました。

ひと昔前であれば、業界から抹殺されたタレントが公共

放送に登場する事は二度とありえませんしたが、

YouTubeの時代ではそのような事はなく、自由に

アップする事が出来ます。まさに、広告中心の時代から

YouTube中心の時代に変わったといってもいいと思います。

気になってなんとなく見始めた番組であったのですが、

徐々に引き込まれていき、あっという間の90分でありました。

YouTubeだけに、事務所縛りがなく話せるギリギリの部分で

思っている事を全てトーク全面に出てるのは、ある意味すっきり

した感がありました。

また、凄さを感じたのが手越祐也さんのプレゼン能力

ジャニーズ退所の時の記者会見も凄さを感じましたが、

今回もその凄さが随所に出ていたと思います。

ジャニーズ時代のちゃらさの印象はぬぐいきれませんが

彼のトークなどを聞いているかぎり、引き込まれていき

すごい人間なんだなと改めて思いました。

番組の最後に、予算を使い切ったので次回は未定と

話していましたが、再生回数など増えていくとおそらく

スポンサーなどもついてきたり、広告収入も入ってきたりで

番組作成費用に回る部分も捻出できるようになるのでは

ないかと思います。

次回の配信については、未定のようですが楽しみに

待っていたいと思います。

次回のゲストは、渡部?とも噂がありますが誰になるかも

気になるところです。

win win wiiin番組の評価は?

今回の番組の評判について、いくつか

ピックアップしてみました。

win win wiiinの評価

・オープニングが格好よすぎる
・面白くないかな?と思ってみたら面白すぎた
・宮迫はやっぱり司会なんだよな〜
・こんなおもろいトーク番組をYouTubeで見れるなんてすごい
・すごく幸せな時間であっという間だった
・今後どんな人物をキャスティングするかによるでしょう

と、いろいろ賛否両論あるようです。

宮迫さんは、現在YouTubeで活動していますが、若干

テレビに未練があるようですね。戻りたい気持ちが少し

ありそうでした。

最後に

今回は、宮迫さんと中田さんが新たに始めたYouTube番組

である”win win wiiin”を紹介してみました。

中田さんは、今後海外で活動するとか話しているようですが

そうなった場合、この番組はどうなっていくのでしょうか?

定期的に配信されるかどうかは微妙な気がしますが、

次回の配信を楽しみにしておこうと思います。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク